へそのごま掃除にはホットクレンジングって知ってた?

MENU

へそ掃除にはマナラホットクレンジングゲルが最高!

みなさんは『へそのごま』を知っていますか?
『へそのごま』は掃除した方がいいのかなど、『へそのごま』について調べてみました。

 

「おへそ」はくぼんでいることから、体の垢などが溜まりやすい場所となっています。
古い角質や汗などの分泌物などが垢となり、溜まることによって『へそのごま』が現れます。
黒ゴマに見えることから、そう呼ばれるようになったようです。

 

『へそのごま』は掃除をしなくてもいいのでしょうか?
よく耳にするのは「へそのごまを掃除すると、お腹が痛くなる」という言葉ではないですか?
その言葉はほとんど根拠のない迷信のようなもののようです。
しかし、ほとんどというのは「おへそ」を無理に掃除することによって結果的にお腹が痛くなるということが起きてしまうからです。

 

「おへそ」の内側は薄い皮膚です。
無理に掃除をしてしまうことによって、臍炎(さいえん)を起こしてしまうことがあります。
臍炎とは「おへそ」が炎症を起こしてしまっている状態のことを言います。
赤くなったり、化膿や出血を伴う場合もあります。

 

さらに「おへそ」の薄い皮膚の先には内蔵を覆う腹膜があります。
臍炎になってしまったり、無理な掃除によって傷つけてしまうことで腹膜炎になってしまうこともあります。

 

しかし『へそのごま』を放っておくと、細菌の温床となり悪臭の原因となってしまいます。
『へそのごま』とは言いますが、垢ということには変わりありません。
結論から言うと、『へそのごま』は掃除はすべきです。
ただし、"優しく掃除"しなくてはいけません。

 

  • 綿棒を奥まで強引に入れる
  • 指やつめなど体を洗うついでに無理に取り出す
  • つま楊枝などで尖ったもので力づくで取り除く

 

こういった無理な掃除はしてはいけません。
ではどういった掃除の方法があるのでしょうか。
正しい『へそのごま』掃除とは?

 

・体を洗う際に掃除をする
入浴をする際に、体を洗うのと一緒に『へそのごま』を掃除します。
方法は「おへそ」に軽くシャワーを当てたり、普段お使いの体を洗うスポンジなどで「おへそ」を優しく洗ってあげてください。
ゴシゴシと洗ってはいけません。

 

・オイルを使ってふやかす
入浴後にオリーブオイルやベビーローションを使用して『へそのごま』をやわらかくして、取り除く方法です。
オリーブオイルかベビーローションを綿棒に含ませます。
オイルが十分についた綿棒で、見える範囲の「おへそ」を拭きます。
もちろん、強引に奥まで入れ込んではいけません。
しばらくすると汚れが浮き出ますので、綿棒できれいにしてあげてください。
綿棒が汚れたと感じたら、交換してください。

 

また、ホットクレンジングを使う方法もあります。
『へそのごま』は古い角質が溜まり、垢となるのでメイクを落とすために使えるホットクレンジングも方法のひとつです。
温かいクレンジングなので、そっと塗ると温かく、毛穴を開いて汚れを浮き出してくれます。
こちらも、綿棒に含ませるか、指でそっと「おへそ」に塗ってください。
汚れが浮いてきたら、キレイにしてください。
こちらも、無理な掃除は禁物です。

 

『へそのごま』は掃除するべきですが、週に1回程度でも良いです。
多くても2〜3回ほどにするようにしてください。
適度に清潔にすることが大切です。

 

『へそのごま』は意外と自分に見えないところであることから、恥ずかしい思いをしてしまったことがある方いらっしゃるのではないでしょうか。
ふとした瞬間にお腹が出たときのために、たまには『へそのごま』と向き合ってみてください。
適切に掃除をすることで、見た目だけではなく悪臭への対策にもなります。